実印は必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう

実印作成

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じているかと思います。一番多い誤解は何かというと、やはり行政関係の書類にも認印でなく実印でないといけないと思っているパターンです。結構多くの方が重要な書類は認印でなく実印でないとだめだと思っているのですが、実際は違います。
では、どういう場合に実印が必要になってくるのかというと、それは契約の書類等誰かと契約する場合等に必要になってきます。つまり実印は自分が書類の文面が正しい事を認めるだけの物であるのに対して、実印はそれを種類に押す事で相手の利益も関わってくる場合に必要になってきます。ですから、自分がただその文面を認めるだけで、相手方がいないような書類には特に実印である必要はないのです。
ですが、相手方の利益も絡んでくる書類の場合は認印というわけにはいかないです。なぜなら、契約などの重要な書類で認印で大丈夫という事になってしまうと、簡単になりすましができてしまう認印では相手の不利益が起きやすいからです。ですから、こういう場合は認印でなく実印を使う事になります。でも、自分の利益にしか関係しないような内容の書類の場合は特に実印である必要はないです。もちろん、実印を使う事も可能です。ただ、この場合は認印で十分有効であるという事です。

注目コンテンツ

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じ…

» 詳細はこちら

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実…

» 詳細はこちら

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は…

» 詳細はこちら

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。…

» 詳細はこちら