実印は必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう

実印作成

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。
適当に判子を作ってそれで登録しただけで終わり、それは問題ありません、しかし少々勿体ないとは思いませんか?一生涯使う事になる事も珍しくありませんから、愛着を持って大事に使いたいものです。素材だけでも、定番の象牙や木製。最近ではチタン製という物も登場しています。そして印の文字。苗字だけというのも少々味気がありません。フルネーム全て登録してしまいましょう。お値段は苗字だけよりも若干高めになる傾向にあります。しかしフルネームの実印で無ければ、不動産や車の売買に用いる事が出来ないという事例も稀にですがあるようです。せっかく作った実印を泣く泣く作り直すのは悲しいこと。改姓が女性に比べて少ない男性はフルネームで作るのが良いでしょう。
最後に印鑑本体だけでなくケースについてもこだわる事が可能なポイントです。印鑑一本と朱肉が入り、後はシンプルな合皮製で使いやすさを追求というのが一般的ですが複数本の印鑑が収納できる、木製だったり朱肉が大きいといった変わり種も存在します。機能美を追求しても良し、人とは違うデザインや素材で個性を出しても良し。実印は個人を表す物、故にこだわって作ってみてほしいものです。

注目コンテンツ

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じ…

» 詳細はこちら

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実…

» 詳細はこちら

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は…

» 詳細はこちら

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。…

» 詳細はこちら