実印は必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう

実印作成

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は印鑑の中でも最も重要な役割を持つ「実印」についてまとめます。
[実印が持つ役割]
印鑑と聞くと「宅急便を受け取るときに押すもの」というイメージが強い人がいるかもしれません。その他にも印鑑は契約書にも用いられますよね。中でも、重要な書類に判を押すときに必要となるものが実印です。実印は印鑑の中で最も強い効力があります。
[実印を持つには]
では実印はどこで購入できるのでしょうか。実印はどこかの印鑑専門店で買える、というわけではありません。実印はあなたが持つ印鑑を自治体で印鑑登録をすることで実印として使用することができます。登録すると印鑑登録証という書類を発行してもらえるので大切に保管してください。
[実印の注意点]
実印は重要な書類に判を押すものだから銀行印も実印にしている、という人が多いかもしれませんがこれはあまりおすすめしません。実印が盗難などの何かのトラブルに遭ったときに、その対応を自治体と銀行の両方で手続きしなくてはならないからです。もしものために銀行印は別の物を使いましょう。

注目コンテンツ

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じ…

» 詳細はこちら

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実…

» 詳細はこちら

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は…

» 詳細はこちら

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。…

» 詳細はこちら