実印は必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう

実印作成

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実印ですので正直どの様に読んだら自分の名字になるかは分かりません。上がどちらかもわかりませんが、綺麗に彫られています。彫ってくれた人も母の知り合いの職人さんです。そんな実印を大切に保管していましたが、この度使用する事になりました。結婚し子供も産まれ、そろそろ家でも買おうかという話が家族で持ちあがり、物件を色々見に行く日々が続きました。
そして1年かけて皆が納得する物件に出会う事が出来ました。主人の仕事の都合上、物件購入者は私になり私の名義で住宅ローンも組みました。その時にこの実印を使用しました。母親に作って貰い、いつかは使うだろうと思っていましたが、思っていたよりも早く使用する事になりました。今までの判子よりも太くて立派な実印を契約書に推す時はやはり少し緊張しました。大きな買い物をしたと同時に初めて使うこの実印の存在感も私の中ではかなり大きかったと思います。家の購入は1年かかりましたが、最終的にはあれよあれよと決まって行ったので予め実印を作っていて良かったと思いました。

注目コンテンツ

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じ…

» 詳細はこちら

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実…

» 詳細はこちら

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は…

» 詳細はこちら

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。…

» 詳細はこちら