実印は必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう

実印作成

注目コンテンツ

実印はどういう時に使うのか?

みなさんも実印と認印の両方を持っているかと思います。ですが、意外と実印と認印の使い分けができていない人は多いと思います。それは多くの方が実際に経験して感じ…

» 詳細はこちら

結婚の記念に母に作ってもらった実印

結婚し名字が変わった時に、母親が記念に実印を作ってくれました。まだ結婚した意識が薄くかった私は、この実印を手にした時に一気に嫁に行った事を実感しました。実…

» 詳細はこちら

実印の持つ意味と注意点

日常生活や仕事の中で、印鑑を必要とする場面は多くあるのではないでしょうか。しかし印鑑の種類やその印鑑の持つ意味などをきちんと理解しているでしょうか。今回は…

» 詳細はこちら

実印は個人を表す大事なもの

実印とは住民登録した地域に登録した印鑑、と言ってしまえばそれで終わりです。しかし実印は、その人本人だけを表すオリジナリティが非常に高いアイテムです。…

» 詳細はこちら

実印は印鑑登録を申請して受理された印鑑

書類にサインをしている女性

印鑑にもいろいろな種類がありますが、最も重要になる印鑑は実印になります。実印は自分が住んでいる市区町村の役所や役場に印鑑登録を申請して受理された印鑑です。そのため不動産取引や遺産相続など大きなお金が動く場面で使用される印鑑でもあります。
印鑑には安い印材を使用しているものもあれば、高級な印材を使用しているものもあります。そのため高級な印材を使用している印鑑が実印だと思ってしまう人もいるようですが、実印は自分が住んでいる市区町村の役所や役場に印鑑登録した印鑑なので、高級な印材を使用していても印鑑登録をしていていなければ実印とは言えません。また言い方を変えてしまえば、安い印材を使用している印鑑を印鑑登録すれば実印になってしまうというわけです。実印は15歳以上になれば1人1本印鑑を登録する事が出来るので実印が必要になる前に印鑑登録をして作っておいた方がいいでしょう。
今までは実印を作成する時は印鑑屋に依頼するという形が主流でしたが、最近では通販で実印を作成する事も可能です。通販だと店舗を持たないので固定費を抑える事が出来ます。そのため同じ商品の印鑑を作成するのでも費用を大幅に安くする事が出来るので現在通販を利用して実印を作成している人が増えてきています。

実印ならびに印鑑証明書の大切さを知って!

実印とは、印鑑証明されたハンコのことです。ある程度は大人になって、これを作ると何か一人前になったようの気がしますよね。だって実印を使うことって、日常ではないのですから。
どんな時に使うか?それはやはり自分のものだと証明するときに使います。マイホームや、車を新たに購入するときなど、ですよね。私は輸入車ディーラーディーラー勤めておりまして、やはり車の登録(車検証をあげること)に実印は欠かせないのです。基本は車の登録はディーラーがします。その業務を任せて頂くために、委任状に実印が必要になるのですね。
実印なんて見ることないっていうのが普通ですが、やはりこの仕事をしていると、日常茶飯事で色んな方の実印を見ます。そして捺印頂きます。だから若い子とかは、簡単に実印持って来てくださいとか言うんですよね。本当は実印なんておいそれと言えない代物なのに。中には銀行の金庫にしまっている方もいるくらいなのですから。印鑑証明書と合わせたら、一歩間違えたら、悪用もできる代物です。もっとその大切さを感じて扱ってほしいと、仕事をしながら思っております。
僕たちはそれほど、大事なものを預かっているんだなって、あらためて考えると今日このごろです。

実印をインターネットで購入

私が現在使っている実印は自動車免許をとって車を購入するときに必要になり、その時に両親がプレゼントしてくれた物を使っています。それは店舗で作ってもらったものです。そして、私の妻が婚姻して苗字が変わってから作った実印はネットで注文して購入したものです。実印は他の人が同じ印鑑を持っていないようにと、オーダーで作るものだという風に親からは教えてもらっていました。もちろん私が店舗で作ってもらった物も機械掘りではありますが、その後手作業で仕上げを行っていたので同じ機械で作ったものでも微妙な違いがあるのだと思います。
しかしネットで注文した物を見た時に機械掘りであることはいいとしても、その後に手作業で仕上げを施したようには見えません。そうなると、同じ文字を他の人が注文した場合には全く同じ印鑑が作れることになります。実印は重要な部分で使用する印鑑なので、それではセキュリティの面から見てあまり良くないと思います。実際問題は仕上げを手作業でしたからと言って、印影が変わるほどでもないと思うので、機械掘りであればどれも同じなのかもしれませんが。なんとなく安全面から考えて気になってしまうので、自分の子供にはきちんと手掘りの実印を「印鑑市場」で購入してプレゼントしようと思います。